小説: Death and the flower

小説: Death and the flower小説: Death and the flower

※この作品はフィクションであり、実在する人物・地名・団体とは一切関係ありません。
オールフィクションで、僕のかつての経験をエッセンスに小説を書いてみました。抄として一部のみ公開です。タイトルは好きなキースジャレットのアルバムから。

小説: Death and the flower

【小説】第5章:リバース

有馬は期限未定で日本に帰国した。恐山の僧侶は彼なりの仏教を説き、精神科医は有馬の生育上の問題点を指摘する。ミャンマーへ飛ぶ有馬は再生することが出来るのか。
2019.06.26
小説: Death and the flower

【小説】第4章:生と死の幻想

有馬たちはベトナムからメコン東西回廊を走破する出張に出る。しかしその2日目、何の予兆もなく新規職員の三木が変わり果てた姿で見つかる。
2019.06.25
小説: Death and the flower

【小説】第1章:Fukushima

県都福島市の出先機関に勤務する有馬主事は、ある日上司に突然呼び出される。彼が見せた一枚の紙とは。
2019.06.25
小説: Death and the flower

【小説】序章:Deep in the forest

ミャンマーの深い森の中にあるとある僧院。瞑想中の有馬は、ふと聞こえてきたパーリ語の読経に唱和する。シンガポールこそが約束の地である―